職業別に印象アップするブラジリアン脱毛の部位

第一印象で判断されてしまう接客業は、顔や手の指・腕や足など、見られる部位を日頃から整えておかなければなりません。不潔な印象を与えてしまうと、会社全体の損失につながってしまうこともあるでしょう。

反対に清潔な印象をあたえることができれば、仕事上で大きなメリットにつながるでしょう。

忙しいサービス業の合間にも、簡単に脱毛処理ができて手間がかからないブラジリアンワックスを試してみてはいかがでしょうか。

職業別に脱毛のオススメ部位をご紹介します。

ホステスやコンパニオンにはワキと腕の脱毛

真っ先に第一印象が重視されるホステスやコンパニオンは、相手に不潔な印象を抱かれてしまうわけにはいきませんよね。「いつ会ってもキレイだね」そう思ってもらえる状態を保つために、できることなら手の指から足の先まで全身脱毛をオススメしたいところですが。

ノースリーブの衣装が多いため、腕やワキの脱毛は絶対に必要でしょう。足はスカートで隠すこともできますが、丈の長さやスリットの入っている衣裳を着ることも想定できるので、できればヒザ上15cmくらいまでは処理しておいたほうが良いかもしれません。他にもサンダル履きを美しく見せる足の指。しなやかな指先を印象づける手の指。細かい部分であっても、見られているかもしれません。

エステティシャンや美容師にヒジから先の脱毛処理を

美容系のお仕事に従事している場合、美しさを求めてお店に足を運ぶ人たちは厳しい目線で見ているかもしれません。

仕事のうえで顧客に触れる機会のある、エステティシャンも美容師にはヒジから先ムダ毛処理をおすすめします。何のケアもされていない手で直接触れられることが心地よいはずがないですよね。

看護師や介護士などの医療系はワキとヒジが必須の脱毛ポイント

医療系の職業の方は、それほど見た目の手入れが重要視されるわけではありませんが、仕事をするユニフォームはほとんど半袖の場合が多いので、ワキとヒジから先は脱毛しておいたほうがよいでしょう。患者さんへの印象として清潔感を求められるため、毎日カミソリで剃毛処理をする時間を考えると、ブラジリアンワックスを使ったほうが手間いらずです。

CAやバスガイドなどのサービス系はスカート業務に対応した脱毛ケアを

キャビンアテンダントやバスガイドは美しさよりも知識や機転が求められる職業ですが、やはり接客業としてセルフケアが必要でしょう。腕や足など、ユニフォームから出る部位についてはしっかり脱毛しておきましょう。

スカートで業務にあたる場合には、膝から足先のケアも重要ですね。

フロント受付や窓口業務は手の甲から指先までを脱毛しよう

フロント受付や窓口業務はカウンター内で行うことが多いため、接客には上半身の細かな部分が注目されるでしょう。

ワキや腕・手の甲や指は間近で相手に見られることになるので、これらの部位は脱毛しておきましょう。

企業やサービス施設において、フロントや窓口はまず始めに顧客と向き合う場所です。すっきりとして清潔感のある状態を保っておくことが業務上で大きなメリットとなるでしょう。

ヒゲ脱毛パーフェクトガイド|秋田のヒゲ脱毛を徹底比較
pagetop