ブラジリアンワックスおすすめランキング » あなたの悩みを解決できる?こんな人におすすめ » アフターケアが間違っていると肌トラブルを招く!正しいケア方法を紹介!

アフターケアが間違っていると肌トラブルを招く!正しいケア方法を紹介!

ブラジリアンワックスで脱毛した後のアフターケア

脱毛後はお肌の状態を良く保つためにアフターケアをしなくてはいけません。まずは脱毛直後にするべきケアから見ていきましょう。

 

当日~翌日のケア

脱毛直後は毛穴が開いているので菌や汚れが入って炎症をおこなさいようにするために肌を清潔に保つ必要があります。清潔を保つためにはどんなことに気を付けると良いか見てみましょう。

  • 翌日までは湯船・銭湯・サウナ・海・プールなどは入らないようにする。
  • お風呂はシャワーで済ませる。
  • 体を洗うときは泡でやさしく洗う。
  • 脱毛後やシャワーを浴びた後は冷水に浸したタオル等を当てる。
  • 締め付けられるような服や下着は着ない。

2~3日以降のケア

脱毛後、毛穴が閉じた後は埋没毛になりやすいのでしっかりと保湿をする必要があります。保湿することで肌が柔らかくなり埋没毛になりにくくなります。次のケアは赤みがなく毛穴が閉じて、肌が通常の状態になってから行いましょう。

  • 毎日しっかり保湿(自分にあった化粧水やクリームでOK)
  • 埋没毛は無理やり出さない。肌が傷つき炎症する可能性がある。
  • 脱毛箇所がムレないように気を付ける。汗をかいたらこまめに拭き取ることで予防する

しっかりとアフターケアすることでお肌のトラブルや埋没毛を予防することができます。毎日のケアを習慣にしてツルツルのお肌を維持しましょう。

1週間後のアフターケア

きちんとアフターケアをしていると、1週間後もツルツルで良い肌状態を保っているでしょう。1週間たったらスクラブでのケアも取り入れて埋没毛を予防しましょう。

どんなスクラブを選ぶ?

スクラブは市販で販売されているものでOK! アンジェリカワックスで脱毛した人は、そのワックス二グラニュー糖を入れてシュガースクラブを作ることができます。アンジェリカはオリジナルのハーバルリッチスクラブ(¥2,180税抜)も販売しています。スクラブを選ぶときは、肌に合う好きな物を選びましょう。

スクラブケアの注意点

  • 脱毛後1週間たたないうちにケアするのはNGです。
  • お肌の状態を確認してからケアを取り入れましょう。
  • ケアする頻度は週1回~週2回までにしましょう。
  • 週に2回以上やると肌が乾燥して肌トラブルを起こす可能性があります。
  • スクラブを取り入れた後もしっかりと保湿ケアも行いましょう。

スクラブの使い方

  • 体を洗い清潔な状態にする
  • 肌が濡れた状態で使用する(商品によって乾いた状態で使用するものもある)
  • 優しくなでるようにクルクルとマッサージする
  • 洗い流す

脱毛から1週間して肌状態が良好であれば、スクラブを使ったアフターケアも取り入れて埋没毛を予防しましょう。これで、ブラジリアンワックスの脱毛後は綺麗でツルツルのお肌を維持することができます。

埋没毛ができたときの対処法

脱毛した後に皮膚が傷つくと、毛穴が塞がってしまい埋没毛ができやすくなります。 アフターケアをきちんとすることで予防することもできますが、しっかりとケアしていても埋没毛ができてしまうことも。もしも埋没毛ができたときは無理やり掘り出さないようにして、きちんとした対処をしましょう。

固い角質を取り除く

埋没毛ができている部分は角質が硬くなっています。この固い角質を取り除くにはピーリング剤を使うと良いでしょう。埋もれ毛を発見したらピーリング剤を使って古い角質を除去しましょう。 ピーリング剤を同じ部分に使用するときは1週間あけるようにしましょう。

ピーリング剤の使い方

ピーリング剤はジェルや石鹸タイプが良いです。

  • ピーリングする肌を洗い清潔な状態にする
  • ピーリング剤を付けて優しくなでるようにクルクルとマッサージする
  • 洗い流す

濡れた状態で使用するものもあるので商品の説明書を確認しましょう。

ブラジリアンワックスで脱毛したらアフターケアで埋没毛を除毛し、万が一埋没毛が合ったらピーリング剤を使ってきちんと対策をとりましょう。

ブラジリアンワックスできれいな肌を手に入れる!処理後に避けるべき5つの事

ブラジリアンワックスで脱毛を行った後に肌を傷めず、きれいな状態に保ちたいと思う場合、やってはならないこと、やるべきではないことも存在します。

まず、第一に気を付けたほうが良いこととしては、肌にワックスを残さないようにするということが挙げられます。肌わずかでもワックスが残っているとそこからかぶれてしまったり、炎症の原因となってしまったりすることが考えられるのです。

ブラジリアンワックスを使用した後は必ず専用のテープ類などを使用してきれいに残ったワックスを取り除くようにしてください。

第二にやってはいけないこととしては、肌を殺菌しないことが挙げられます。ブラジリアンワックスを使用した後の肌は非常に敏感で抵抗力が弱まっており、雑菌などにとっては非常に繁殖しやすい環境となっています。

この状態を放置すると炎症や場合によっては感染症による皮膚炎などをおこす可能性が考えられますので、コットンなどを使い市販の消毒液で殺菌をするようにしてください。

第三にやってはいけないことは、素手などで直接脱毛部分に触れたりすることです。ブラジリアンワックスで脱毛を行った後の肌は非常に敏感となっています。

そこに直接素手で触れてしまうだけでもそんな肌にとっては強すぎる刺激となってしまう場合があるのです。また人間の手には常時少なくない細菌が生息しています。素手で触れるということはそういった最近を敏感な肌に移してしまうということにもなりかねませんので十分に注意をするようにしてください。

もしこのような理由によって炎症が出てしまったという場合には、コットンにワセリンなどを染み込ませて炎症が起こっている部分に塗布します。

またそれでも炎症が治らない、もしくは酷くなってしまったという場合には抗生物質が配合された軟膏剤を使用するようにしましょう。さらにそれでもいつまでも症状が治まらないと行った場合には医療機関を受診することをおすすめいたします。

またこうしたアフターケアに関して自分で行うことに不安があるという人はブラジリアンワックス脱毛を行っているサロンなどを利用するとアフターケアまでプロの手で施術をしてもらうことが可能となります。

第四にやってはならないことは、尿や経血、その他恥垢やおりものなどが付着したままにならないようにするということです。当たり前のことではありますが、こういった汚物は雑菌が繁殖する温床になってしまいます。

もしこういったものが付着をしてしまった場合には直ちにノンアルコール性のウェットティッシュ、お尻ふき、あるいはこちらもアルコール成分のない化粧水を染み込ませたコットンなどで優しく丁寧に拭き取るようにしてください。また尿や経血、恥垢などには人体から出る油分が含まれています。

そのためそういったものを拭き取った後にはさらにその油を拭き取るためもう一度同じように拭き取りを行うようにしてください。また外陰部に恥垢が溜まってしまっているという場合には綿棒にベビーオイルや化粧水、乳液などを染み込ませ優しく丁寧に取り除くようにしてください。

第五にやってはいけないこととしては、運動や飲酒などが挙げられます。運動や飲酒はいずれも血管を拡張し血流を良くするような作用があります。

例えば運動を行うと体内の酸素が急激に排出されるため、血液中の酸素濃度が低下し、それを補うため血管が膨張し酸素を取り込もうとします。 またお酒のアルコールに含まれるアセトアルデヒドという物質には血管を拡張させる作用があるため、同じくように血管の膨張が起こります。

血流が活発になると脱毛部分にも大量の血液が流れ込むことになり赤みがでてしまったり神経を刺激することでかゆみの原因になったりする場合がありますので、十分に注意が必要です。

参考:『【脱毛】ブラジリアンワックスのアフターケア・埋もれ毛対策』Japan Girls Style

参考:『ワックス脱毛後のアフターケア&トラブルについて』シュガーワックス江古田

参考:『ブラジリアンワックス脱毛を行った場合の肌トラブルとアフターケアについて』イビサワックス

pagetop