ムダ毛処理による肌荒れや埋没毛が気になる

ここでは、処理方法別にムダ毛処理による肌荒れに悩む人の口コミを調査し、お肌に優しいムダ毛処理の方法としてブラジリアンワックスをおすすめしています。

自己処理の脱毛が招く埋没毛について

脇・足・VIOのムダ毛処理をした部分に黒ブツブツができていませんか?もしかしすると、それは毛が皮膚のなかに埋まった「埋没毛」かもしれません。ここでは、埋もれ毛になる原因やできないための自己処理方法についてまとめました。ぜひ参考にしてください。

間違った処理の方法が埋もれ毛の原因

埋もれ毛になるのは「自己処理のやり方」に原因があります。
埋もれ毛(埋没毛)は、他人の目が気になり処理回数が多くなる脇や足、VIOにできやすいのが特徴。

ムダ毛のセルフ処理を間違った方法で行ってしまうと、肌が傷つき、毛穴がかさぶたや角質で覆われてしまいます。それにより、毛が皮膚のなかで育ってしまい、埋もれ毛になってしまうのです。

埋もれ毛ができやすい自己処理方法

埋もれ毛になる誤った自己処理方法は「逆剃り」「毛を無理に抜いてしまう」の2つ。
カミソリでの処理は毛先を斜めにして切るため、毛穴以外の皮膚組織を傷つけてしまいます。それにより、肌のバリア機能を持つ角質が減ってしまい、乾燥や肌荒れの原因に。

「だったら抜けばいいじゃん」と思ってしまう人がいるかもしれませんが、それもNGです。
毛抜きで無理に毛を引き抜くのは、毛根を傷つけ破壊する行為。毛穴の周りの皮膚が引っ張られて剥がれ、出血することもあります。

埋没毛が引き起こす肌トラブル

埋没毛は、ムダ毛の自己処理によって毛穴が傷つき、毛穴が塞がって外に出られなくなっている状態です。ここからは、埋没毛よって引き起こる肌トラブル「毛嚢炎」と「色素沈着」についてご紹介します。

毛嚢炎(もうのうえん)

毛嚢炎は、毛穴に雑菌が入り炎症を起こしている状態を指します。毛穴に直接空気が入り、そこからバイキンが侵入し感染。毛穴に赤くて小さな膿を持ったブツブツができるのが特徴です。見た目がニキビに良く似ていますが、まったく別のものなので、自己判断しないように注意しましょう。
毛嚢炎は脇や足、デリケートゾーンなどでなりやすく、かゆみはありません。悪化すると痛みを伴うことがあります。

主な原因は、カミソリや毛抜きのムダ毛処理。カミソリや毛抜きで自己処理をしたときの肌は、かなりのダメージを追っています。自己処理によって傷ついた肌にバイキンが入り皮膚が炎症。下手にいじると跡が残る可能性もあるので、病院に診察を受けるようにしましょう。

色素沈着

色素沈着はカミソリや毛抜きによる自己処理の繰り返しで起こります。皮膚や毛穴の表面など決まった部分が刺激を受け、メラニンが集中してしまうのが色素沈着の原因。また、埋没毛を無理やりほじって抜こうとすると、皮膚がさらに傷ついて、ひどいときには出血し、それがかさぶたになって色素沈着してしまうことも。さらに、次に生えてくる毛も埋もれる、という悪循環を生み出します。

色素沈着を防ぐための対策は、ムダ毛処理を正しく行い、アフターケアをしっかりと行うことです。同じところを何度も剃らない、頻繁なムダ毛処理を避けるなど、肌をいたわるようにしましょう。処理後は保湿で肌に潤いを与えることが大切です。

埋没毛ができてしまったら

毛穴が傷つき埋もれ毛になってしまう原因は、カミソリや毛抜きによる自己処理がほとんどですが、負担が少ないブラジリアンワックスでも、埋没毛になる可能性があります。

埋没毛ができてしまったときの対象法は、無理に引っ張って抜かないことです。
埋もれ毛があったとしても、皮膚に影響がないため、基本的には問題はありません。保湿しながらしばらく肌を休めてあげるのが改善の近道となります。

埋没毛も普通の毛と同じように日々成長していくので、通常と同じように処理できる長さになるまで待つのがベスト。個人差はありますが、わき毛であれば2週間で5mm程度になると言われています。

また、肌を休めることは傷んだ肌の回復にも繋がります。埋没法になる原因は、毛抜きやカミソリによる、無理なムダ毛処理です。傷んだ肌の状態で処理を続けてしまうと、さらに悪化して毛嚢炎や色素沈着などの肌トラブルに繋がる可能性もあります。

「どうしても早く治したい!」という人は、ボディスクラブやピーリングを行い、角質を除去するのがおすすめ。

  • ボディスクラブ
    ボディスクラブとは、細かい粒子で肌をこすり古い角質を取り除くこと。古い角質を取り除きターンオーバーを促してくれるので、毛が伸びるスピードを早くしてくれます。オイルが含まれたスクラブを使用すれば、潤いもプラスできますよ。注意点「やり過ぎない」ことです。スクラブで擦りすぎてしまうと、逆に肌を傷めてしまいす。週1~2回程度で行いましょう。
  • ピーリング
    ピーリングは酸で古い角質を溶かす方法です。エステサロンや美容皮膚科、自宅など様々な場所で行えますが、美容皮膚科で行うピーリングは酸濃度が高い薬剤を使用。人によっては刺激が強すぎる場合もあるので、まずはピーリング石鹸を使って肌荒れがないか試してみる良いかもしれません。また、ピーリングも使い過ぎはNG。使用頻度は週2~3回にしましょう。

お肌トラブルのもと!セルフ脱毛のお悩みあるある

ご自分でムダ毛を処理すると、皮膚のトラブルってありますよね。肌荒れに関する口コミを調べてみました。

カミソリ・シェイバーの肌荒れ悩み口コミ

  • 「ずっとカミソリでムダ毛処理をしていました。とくに夏は入浴時に剃る回数も増えて、肌を傷つけるし、間違えて流血したり黒ずんできたり大変でした。そんなに頑張ったのに数日たつとジョリジョリ伸びているのが悲しい」
  • 「毎日のようにカミソリでワキやすね毛をカミソリで剃っていましたが、最近は乾燥の肌荒れがひどくって、ついつい剃毛処理をさぼりがちです」

毛抜き・脱毛器の肌荒れ悩み口コミ

  • 「毛抜きでムダ毛処理をすると、次の毛が生えてくるまで1週間ぐらいかかるので、それでもいいかなと頑張って続けていたんですね。でも、毛穴が赤くなって炎症を起こして、さすがに限界だなと思いました」
  • 「毛抜きでのムダ毛脱毛はやっぱり痛い。どうしても毛穴のブツブツができてしまいます。ずっと抜いていると、黒くぽつぽつが目立つ埋没毛になると聞いて怖いなと思ってやめましたよ」

脱毛・脱色クリームの肌荒れ悩み口コミ

  • 「脱毛クリームって、細かい産毛もなくなるけど、肌荒れを起こしたり、赤いブツブツができたり、肌への刺激が強いからおすすめできません」
  • 「脱毛クリームを使って、時間がたってからヒリヒリしてきて、赤いブツブツがたくさんできました。いくら毛がなくなっても、肌にダメージが強すぎるのではダメです」

ムダ毛処理と肌荒れは切っても切り離せない関係?!

カミソリは、毛と一緒に皮膚の表面を剃ってしまい、傷つけてしまうケースが多いですよね。毛抜きもムリに毛を引っこ抜くと、根本から抜けずに途中で切れてしまったり、炎症を起こして赤くなったりして、お肌に良くありません。

脱毛クリームは、毛を溶かすための強い成分が刺激となって、肌トラブルを引き起こすようですね。

このような口コミを見てみると、ムダ毛処理って、本当にお肌に負担がかかるのだな、と心配になってしまいます。

肌荒れのお悩みを解決!ブラジリアンワックスなら肌に優しい

肌荒れが気になっている方にこそ、ブラジリアンワックスでのムダ毛処理がおすすめです。それは、他の脱毛方法よりも、お肌に負担をかけずに根こそぎムダ毛を処理できるからです。下記にそのおすすめポイントをまとめてみました。

おすすめの理由1:肌を傷つけずにツルツル肌になる
おうち脱毛は、カミソリを使われている方が多いですが、毛を剃るのと同時にお肌を傷つけている心配があります。ブラジリアンワックスは、ムダ毛を生やした状態でワックスを塗り、剥がしていく方法。毛は根元から取れますし、肌には負担をかけることなく、古い角質を除去することもできて、柔らかくツルツルの肌になります。
おすすめの理由2:お肌に優しい美容成分配合が増えている
ブラジリアンワックスは、種類が増えていて、その成分配合も各製品にこだわりのあるものが多いです。脱毛効果はもちろんですが、お肌に直接つけるものだからこそ、例えば、蜂蜜やコラーゲンなど、お肌が潤う美容成分がバランスよく入っていたりします。
脱毛をしながら、まるでボディパックをしているような嬉しいツルスベ効果が期待できるというわけです。
おすすめの理由2:ソフトタイプやハードタイプなどお好みの使い勝手を選べる。
脱毛したい部分に塗って、固まったら毛根を引き抜きながら剥がすというシンプルな脱毛法がブラジリアンワックスです。
痛みや肌荒れを気にされるなら、今は、デリケートなお肌にも使いやすいソフトタイプのワックスも発売されています。種類が沢山出ている分、ご自身の状態に合わせて、使い勝手でワックスを選べるようになってきました。
pagetop