プチプラでキレイになるブラジリアン脱毛を徹底比較

若い女性を中心に安全性の高さと手軽さから注目されているブラジリアンワックス。興味はあるけど不安もある未体験の方へ、他の脱毛方法と比較しながらメリットとデメリットを解説します。

防腐剤、香料不使用。肌のことが考えられたブラジリアンワックス

数ある脱毛方法のなかで、ブラジリアンワックスは最も効率的な方法といえるでしょう。

自分で脱毛することができるので施術の費用がかからないというだけでも充分な利点ですが、ワックス材にはヒアルロン酸やコラーゲンが含まれているので、脱毛の効果保湿効果を同時に得ることができます。

そして、防腐剤や香料が入っていないために、化学物質による肌への負担はほとんどありません。

使用方法は天然素材が配合された専用のワックス材をムダ毛の部分に塗布し、乾いたら剥がすだけ。

使っているうちにムダ毛の成長サイクルに合わせて塗布する量が減ってくるので、コストパフォーマンスはとても高いといえるでしょう。

では、他の脱毛方法と比べてどれほどメリットがあるのか、下の表へ簡単にまとめました。

脱毛方法 費用 手軽さ 安全性 効果 痛み
ブラジリアンワックス
カミソリ
毛抜き
除毛クリーム
光脱毛
医療用レーザー

ひとつ3千円〜5千円と経済的なブラジリアンワックス

できるだけ費用を抑えたい場合には、サロンへ通うよりもブラジリアンワックスが経済的でしょう。1つ3千円~5千円で販売されています。 人によってムダ毛の成長サイクルが早い場合がありますが、使用とともにムダ毛の成長スピードは衰え、薄くなり、やがて生えにくい状態となってきます。

ブラジリアンワックスは永久脱毛ではありませんが、このようにどんな人でも安価でキレイに脱毛することができるのです。

サロンへ行く時間のない人にも、手軽で安全なブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスは自分で行うことができるため、人によっては脱毛サロンで他人に施術されたくないと思いはばかられるようなデリケートゾーンの脱毛も手軽です。

サロンやクリニックへ通うには月経周期も関係してきます。女性ホルモンのバランスが崩れがちで、急な月経があった場合には多くのサロンやクリニックで予約を入れることができません。

また、忙しい生活の隙間に予定を立てていたとしても急な用事でキャンセルしなければならなくなると、再度予約が必要になります。さらにムダ毛の成長サイクルにも左右されるので全て予定通りに施術が行なわれることは難しい場合もあるでしょう。

カミソリは肌を傷つける、クリニックは費用と手間がかかる脱毛方法

お金をかけることなく、すぐにムダ毛を処理したい。そんな気持ちでカミソリと毛抜きを利用する人もいるかもしれませんが、セルフ脱毛における肌のダメージは、思った以上に深刻な状態になる場合があるのです。

カミソリは手をすべらせて傷をつけてしまう可能性もあり、肌の角質を削ってしまうことも多いでしょう。剃ったときはキレイでも、毛根は残ってしまい1日~2日ですぐにムダ毛が成長してしまうためセルフケアの頻度にストレスを感じる人も多いでしょう。

毛抜きは脱毛することで周囲の組織を傷つけてしまい、埋没毛ができてしまうこともあるので、脱毛後に肌トラブルにみまわれたりもします。途中でムダ毛が切れてしまうこともあり、完全に毛根まで抜けるとは限りません。

それぞれ肌がかぶれて痛みやかゆみが発生し、薬を塗らなければ治らない状態になる場合もあります。

セルフ脱毛の手間を省いてサロンで施術を受けよう

ブラジリアンワックス専門サロンという選択

ブラジリアンワックスの専門サロンの店舗もたくさん存在しています。自分で実行するのは不安なのでプロに任せたいという場合は、サロンを探してみましょう。

ブラジリアンワックスを使った脱毛は安全性の高いものですが、セルフ脱毛ではやり方によって痛みを生じることもあります。これまで他の自己処理で失敗した経験がある場合は、まずはプロに任せた方が安心ですね。

ベッドに寝ているだけで施術を受けられるため、セルフ脱毛のように手間が掛からず短時間で手際よく行ってくれます

高額負担でも医師に任せて永久脱毛したいなら医療レーザー

ご紹介の通り、ブラジリアンワックスは手間なく簡単にムダ毛を処理することができますが永久脱毛ではないため、いずれはムダ毛が生えてきます。セルフ脱毛の手間を繰り返したくない場合は、医療用レーザーでの脱毛を検討しましょう。

医療用レーザーは照射力が強いため、光脱毛よりも痛みがあると言われていますが、完全に脱毛することができます。しかし医師免許を持つ者にしか扱えない医療用レーザーは、どの方法よりも費用の負担がかかります。

費用相場は場合により異なりますが、全身脱毛の場合20万円~30万円程度。デリケートゾーンの脱毛は別料金にされていることも多く、部分的な脱毛でもブラジリアンワックスよりも高額負担となります。

また、光脱毛の場合も自己処理に比べ遥かに高い効果が得られます。しかしレーザーより低価格でも、やはり費用負担が必要になります。

pagetop