ここでは、脇の下のムダ毛をブラジリアンワックスで上手に脱毛するコツをアドバイスしていきます。

脇を脱毛する前に知っておきたいこと

ブラジリアンワックスは、アンダーヘア脱毛のイメージが強いようですが、実は、脇のセルフ脱毛にも向いています。

ブラジリアンワックス剤を塗って剥がすことによって、ムダ毛処理とともに角質を取り除くという、パックしたときのような美肌効果がありますので、黒ずみがちなわきのお手入れに最適なのです。

仕上がりは、カミソリで処理をしたときのような黒いブツブツはなく、角質が取れてツルツルのキレイな脇に変わります。夏、水着や半袖になる季節にこそ、おすすめしたいのがブラジリアンワックスです。

脇には濃く太い毛が生えています。これをブラジリアンワックスで処理すると、次にムダ毛が生えてくる期間が長くなって楽です。通常、2週間くらいするとまた毛が生えてきますが、処理するごとに毛根が弱り、だんだん毛が細く薄くなっていきます。

ただし、脇は痛みを感じやすい部分です。慣れれば痛みは減りますが、痛くないように自分で剥がすコツを身につけて起きましょう。

脇をセルフ脱毛する方法

あらかじめ、脇の毛は2cm程度に切っておきます。短くても5mm~1cmの長さが必要です。脇の下が良く見えるように手をあげて鏡で脱毛する箇所をよく確認しておきましょう。

脇脱毛の手順

  1. ワックス剤を塗ります。最初は、細かく1cmの幅でワックス剤を塗って小さい範囲を剥がすようにしていくと失敗が少ないです。
  2. ワックス剤をスパチュラを使って均一になじませましょう。
  3. 脱毛シートをその上にはり、こするように上から押します。
  4. 毛の流れと逆方向に一気に剥がしましょう。
  5. 脱毛部分に取り残しがないか確認します。
  6. またその隣の部分にワックス剤を塗布して繰り返し脱毛していきます。

脇は、他の部分と比べて、痛みや炎症が起きやすい箇所です。脱毛が終わったら、すぐにワックス剤をふき取るか水で流してください。

赤くなっていたり、痛みがあったり、症状があるようでしたら、濡れたタオルなどで軽く冷やすと和らぎます。刺激の少ない保湿クリームなども使うと落ち着いてきます。

すぐにお風呂に入ると刺激になりますので、入浴は皮膚に炎症がなくなってからにしましょう。

pagetop